タイ

タイは物価も安く,治安も良く,旅行で行くと楽しいとよく聞くので,一度行ってみたい国。

でも自転車で行くには少し暑い国かも。また,最近ではテロがあったりデモがあったりと少し治安も悪くなっているのかもしれない。

けれど他の国に比べるとずっと平和な国なのかな。タイカレーは好きです。


○地理,歴史

 昔はシャムと呼ばれていた。

 13世紀の建国以来,アユタヤ王朝や18世紀末に成立した現王朝のもとで独立を維持。

 その理由は,タイの東側の国はフランス,西側の国はイギリスに植民地にされており,その両国の衝突を防ぐ中立緩衝地帯となったから。

 1930年代,絶対王政が倒れて立憲君主国になり,国名もシャムからタイ(自由の意)に改められた。


e0247789_12445719.png


○経済

 独立国であったことから,プランテーション農業は発達せず,チャオプラヤ川の広大な沖積平野を中心とした米作が盛んな国だった。

 近年は農業環境の向上や品種改良などにより,生産性も高くなった。

 収穫した米は華人によって買い集められ,輸出業者の手を経て輸出される。タイは世界最大の米の輸出国

 50年代までは米が輸出の半分以上を占めるモノカルチャー。

 60年代以降,耕地の拡大により,トウモロコシ,キャッサバ,サトウキビ,天然ゴム,野菜など輸出用作物の栽培が急増している。

 

 同時に農地の拡大は森林の激減をもたらした。

 戦前はチーク材を輸出していたが,今は木材の輸入国になっている。

 特に北東部の森林荒廃著しく,土壌の塩化など土地荒廃も問題になっている。

 1980年代以降は急速に工業化。

 ASEAN諸国の中でも行動経済成長を遂げている国の一つ。

 日本・韓国・台湾などから安い労働力を求めて企業が進出。繊維・電子・電気機械・自動車工業が発達。

 現在では輸出品も工業製品の占める割合が高くなっている。


[PR]