カテゴリ:サッカー( 4 )

 2013年8月14日の日本対ウルグアイ戦、一言で言えば泥試合でした。
 攻めも守りもバラバラで、まるで草サッカーのような試合でした。
 攻防一体となっておらず、攻めも守りも即興で組織的ではなく、五分五分の運試しのような状況が頻繁に現れ、混乱の中で個の力や幸運で状況を打開した方が有利な展開に持ち込んでいくという試合を日本はしていました。
 こんな展開では個の力で劣る日本人が強豪に勝てるわけがなく、今日も大味な試合と点差で負けたという印象でした。

 本来組織の力に優れる日本が、どうしてこんな試合展開をしてしまっているのか全く不可解です。これでは格下には勝てても格上にはほとんど勝てるわけがありません。その意味ではここ最近の日本代表の不調は監督の責任に負うところが大であると思われます。

 失点が多いのも守備陣の崩壊であると言われていますが、サッカーは11人全体で行うものであり、攻守が一体となるように戦術を構想すべきであるものなのに、そうなっていないことが失点や劣勢の大きな要因であると思います。なので守備陣といった限定的な人たちに責任を負わせるのは全くの誤りであると思われます。よくセンターバックが槍玉に挙げられていますが、むしろセンターバックが後手を踏まざるを得ない展開が多くなってしまっていることに問題の核心があるように思われるのです。
 その意味でも、効果的な戦術を敷くことができていない監督に問題が一番あるように思われした。
 
 しかし監督は問題の核心をきちんと把握しているのでしょうか?残念ながらそれは否と言わざるを得ません。その証拠に、ここ何試合も同じような試合になっています。今日の試合でも、まるで個人に責任を負わせるかのような、人を変えるだけで組織に変更をもたらすような選手交代はできていませんでした。おまけに新しい選手を試すこともせず、徒に時間を浪費するかのような展開には苛立ちさえ感じました。

 では問題の核心は何なのでしょうか?
 一つは僕は香川だと思っています。香川は良い選手だと思うのですが、左ハーフは明らかに彼の適正ではないと思われます。そのためか香川は常に左サイドを放棄して中央に居座ることが多くなり、これが攻守両面で悪影響を与えていると思われます。
 攻撃面では、狭く固い中央を崩す攻撃が多くなり、跳ね返されて攻撃のリズムが悪くなったりカウンターをくらいやすい結果を生んでいるように思われました。
 守備面では左サイド(相手側で言えば右サイド)の守備が手薄であるので少しずつ守備で後手を踏むきっかけとなり、最終的にセンターバックの出番となる段階ではかなり不利な状況を生じさせているように思われました。

 そしてもう一つは本田ですね。最近は日本のキーマンであることが明らかになっているのか、厳しくマークされることが多いように思われます。そのせいかボールを失うことも多く、以前のような決定的な仕事をすることが難しくなっており、中の中、中の上くらいの選手に成り下がっています。本田におんぶに抱っこのチームなので、本田が潰されることで大幅にチーム力が下がっているように思われます。そして本田自身にもうまくプレーできていないことや移籍がうまくいっていないことで焦りがあり、チームに悪循環を生み出しているようにも見えました。
 個人的には本田より香川の方が優秀であると思うので、本田を見限るか、あるいは両者を中央で使うといった方法を考える必要があるのではないかと思うのですが…。

 あとはボランチですね。どうにも遠藤、長谷部では力不足の感が否めません。他の選手が力があるのかというと微妙ですが、どうせどんぐりの背比べ程度の実力差だと思うので、それなら活きの良い選手を使った方が将来性もあるし見てて楽しいと思うですが。

 いずれにしても監督の問題がかなり浮き彫りになった試合でした。僕の仮説があたっているかあたってないかは別として、これだけ同じような試合を繰り返していることから、監督はおそらく問題の本質が何も見えていないのではないかと思われます。こんな監督ではこの先1年不毛に費やされる可能性が高いように思われます。ぜひ監督交代してほしいのですが、多分変わらないだろうな…
[PR]
by osho-kamonegi | 2013-08-14 23:24 | サッカー
 本日は親善試合でブラジル戦がありましたね。
 せっかくなんでこの試合も感想を述べてみたいと思います。

<スターティングメンバー>
 ワントップに本田はとても良いと思います。ボールも収まるし、本田は得点力もあるしで、下手なフォワードを用いるよりよっぽど良いと思います。何より、香川がトップ下で使える!!これは面白くなる!!
 と思いきや、トップしたは中村(-_-;)。一体どういうことだろうか??全く意味がわかりません。
 ザッケローニはフランス戦の反省としてゲームの入り方を考えねばと言っていましたが、それはどうなってんの?という印象です。

 4-2-3-1の3には左から香川、中村、清武ですね。
 香川がやっぱり中に入ってバランス悪くなるのではと今回もやはり危惧しています…
 あと、乾や宮市といった若い勢いのある選手が見てみたいですね。後半最初くらいから出てきてほしいですね。

 ダブルボランチは長谷部、遠藤ですね。しかしこの2人に変わる人材を探したい気持ちもあります。後半交代があるかどうか、どう代わるかが注目ですね。

 バックについては特に不満はないですが、バックアップメンバーのテストはしてほしいですね。酒井高とか見たいです。あとセンターバックのバックアッパーのテスト。

<前半>
 日本が攻勢を見せることができていたのも、本田が受けることができているからと思います。
 前回のハーフナーマイクとは全く違うなあという印象です。本田は前半通して頑張っており、やっぱりいい選手だなあと思いました。

 最初攻勢が続きなかなかいいなあと思っていたら、あっさり1点取られました。ブラジルすごいなあと思うものの、中盤あんなにフリーにさせているのが気になりました。ちょっとボランチの守備について注視してみようと思います。

 あと、香川がやはり中に入ってバランスが少し悪い。右サイド経由でしかボールを前線につなげることができていないのが気になります。長友がひとりで担当してますが、そこを破られると危ないと思うし、攻める時も難しくなると思う…
 そしていつの間にやら香川が真ん中、左?真ん中?中村になってました。これではあまりメンバー的に旨みがないですし、攻撃でも守備でも中途半端になってしまうでしょう。
 そうこしているとPkで2点目もとられましたが、これも左サイドを悠々とボールを運ばれて攻め込まれているのがきっかけでした…。はよ修正してくれ!!入り方また間違っとるがな!!と思いましたが、前半最後まであまり改善なしでしたね。香川がよく守るようになったけど、振り切られる場面があったりと攻守においてムダが多いままであったように思いました…

 攻撃ではポンポンと小気味よく回せてなかなか良いものの、最後に逃げ場所(サイド)に人がいないため、最後まで人が密集する真ん中で回さざるを得ず、それで結局ボールを取られてしまっているように思いました。せっかく上手に回せているのに勿体無いという印象です。
 で、結局いつの間にかサイドから早めのクロスがメインの攻撃となっていました。でもこれでは得点する可能性はかなり少ない形だったように思いました。やはり細かくパスをつないで相手を崩す形が良いでのはないかと思います。

 そのためにはトップ下に香川を置いて、左にはサイドのスペシャリストの選手を置くべきかなと思います。
 後半、どのように交代がなされるか期待です。後半最初、交代なしというのは勘弁してほしいですが、どうなるでしょうか??

 あと、中盤の守備は結局あまり分かりませんでした。捕まえきれていないという印象ですが、目で見て確認できていないので何とも言えません。また後半見てみたいと思います。

<後半>
 最初から交代ありましたね!!中村に代えて乾は僕としてはかなり嬉しい交代でした。
 内田と酒井宏の交代はやや以外でしたが、酒井の評価は高いんですね~。僕も好きな選手なので頑張ってほしいです!!

 ボランチは交代なしですね。どうなんだろうと思うものの、守備のチェックをしてみようと思います。

 さて後半ゲームが始まりました。
 早々に点が取られてしまいましたが、これはしょうがない。しょうがないこともないのですが、取られたものはしょうがない。それよりも攻撃やゲームの作り方が大事です。どうなるでしょうか。

 香川と本田が二人で真ん中にいるのは良いですね!!本田はうまく香川を使っている場面があり、それがチャンスになっていました。香川は良い形で使われてなんぼの選手だと思うので、やはりこの形がベストだと思いました。なぜこれを前半からしなかったのかな…。

 中盤の守備について、長谷部、遠藤やや簡単に振り切られすぎているかもしれません。相手が巧くて速いということもあるのでしょうが、だから仕方ないというわけではないので、選手が交代すれば比較できて良いかもしれません。 今野が似た場面で振り切られずに相手についていけている場面があったので、やはりこのあたりに問題あるのかも。
 と思っていたら細貝が出てきましたね。さてどうなるか…。
 …、細貝、良いですね。うまくポイントを抑えた守備ができているようにみえます。3点入って相手の攻撃が緩んでいる影響もあるかもしれませんが、攻撃にうまく絡む場面もあり、長谷部より良い印象ありました。

 あと遠藤。プレッシャーに負けているのか、パスを受けた方の狭いサイドにパスを出してそこで味方がとられてしまうという場面が何度かありました。従来なら人の少ない方、広い方にパスを出していくのに、そうでない場面があって少し驚きました。それほどまでにブラジルのプレッシャーは強かったのかもしれません…
 
 懸案の左サイドですが、乾が入ったことで、左サイドからも攻撃できるようになっていますね。
 本田が絡み、乾が良い形で左サイドで持つことができています。乾がそこで香川と絡み、可能性を感じさせる攻撃ができている場面があったので、ぜひこの形を幾度も作ってほしいのですが…。結局は一瞬だけでしたね…。非常に残念でした(-_-;)

 4点目はちょっとひどいミスですが、もういいでしょう。
 この後日本は細かいパス回しをしてミスをしてボールを失うことがいくつかありましたが、この細かいパス回しを続けてほしいです。もっと続けることができる技術は日本にはあるので、ミスを恐れず続けて練度を上げて欲しいです。
 
 しかしすっかり沈滞ムードとなってしまいましたね。あまりこの後は参考にならないかもしれません。

 それにしてもブラジルは強かったです。個の力もすごかったし、チームとしてバランス良く機能的に試合をしていたように思います。
 一方日本は、個の力で劣る上にチームとしてもバランス悪かったし、攻撃も守りも方法論があまりはっきりしていない印象でした。これではなかなか難しいですね。攻防一体といった形ではなく、攻撃、守備とはっきり分かれているような印象でした。それでは守れないし攻めれないように思いました…。
 フランスには勝ったとは言え、この部分が良かったとは言えず、強い相手にはカウンターで点を取るしか今のところ方法がないように見えました。
 しかし、パス回しで相手を翻弄して得点チャンスを生み出す場面が多くはありませんでしたがこの試合では見られました。この形が今後の方向のような気がしました。ぜひ頑張ってほしいと思いました。
[PR]
by osho-kamonegi | 2012-10-16 23:15 | サッカー
 今日は初めてサッカーのことについて書いてみようと思います。

 内容は、今朝やっていた日本対フランス戦です。
 結果は日本が1対0で勝ったのですが、親善試合ですからね、結果よりも内容を重視したいと思うので、その観点からすれば内容的にはどうなんだろうというものだったように思いました。
 
 まずスタートのフォーメーションから。日本は4-2-3-1だったと思います。
 ワントップがハーフナーマイク。
 前3人は左が香川、真ん中が中村憲、右が清武。
 ダブルボランチは遠藤、長谷部。
 4バックは左が長友、センターバックが今野と吉田、右が酒井宏でしたね。

 これを見て、なぜ本田が出ないのに香川を左で使い中村をわざわざ真ん中で使ったのだろうかと思いました
 本田を基本真ん中で使い続けるつもりで香川を今後真ん中で使うつもりがないから左で慣れさせようというということなんでしょうか?けれども本田と香川とではタイプが違うと思うので、香川が真ん中の場合もオプションで固めておくのも大事かなと思ったりもしました。何より真ん中で生き生きとした香川を見てみたいですしね。あと、香川が左の場合、真ん中に入っていって左サイドが攻守両面で弱点となる危惧もありました。

 他、ハーフナーマイク。これまで見てきた試合では、あまりポストで受けるのもうまくないし、ゴール前でうまくシュートまでもっていくこともないし、チームのスタイルとしてもあまり高さを活かしてボールをとにかくハーフナーに当てるということでもないので、どうなんだろうと言う感想を持ちました。それよりは、佐藤寿人を見てみたいなあと思っていました。まあ、いきなり先発で佐藤というのもないんでしょうけど…。

 あとは長谷部ですね。今あまりよくない状況みたいなので少し心配でした。

<前半>
 前半はバランスがすごく悪かったと思います。というのも、香川が真ん中にどんどん入っていって、左サイドががら空きになり、攻める時には左があまり使えないし、守る時にもその左サイドから相手に組み立てられるしという感じだったように思いました。

 一方フランスはスリートップの様相で、うまく両サイドでボールを受けて、そこから中盤にボールを落としてゲームをコントロールできていたように思います。それにフォワードみんなボールを受けるのが上手でしたね。でも後半はそれほど良い形でフォワードが受けることがある程度少なくなっていたことから、上記の理由で日本が全体的に後手を踏んでいたからなのかなとも思いました。

 それでもフランスは日本の左サイドを徹底的に突くことはしていなかったようにも思いました。本番ならもっとついていたのでしょうか?それとも気づいていなかった?あるいは僕の見立てが間違っていて、実は左サイドはそんなにやばくなかったのか?いずれの理由かは分かりませんが、フランスの右サイドのメネズという選手がフリーになっていることが多かったように思い、個人的にはもっとやられててもおかしくない前半だったと思いました。

<後半>
 後半、まずメンバー交代がなかったことにがっかりでした。前半全く良くなかったのに後半もそのままって!と思ったのですが、流石にそのままというわけではありませんでした。

 後半は、香川があまり真ん中に行かず、左サイドのポジションを守っていました。多分そういう指示があったのだと思います。これで随分バランスが良くなりました。フランスも攻めあぐねている様子となりました。

 でも攻めでは香川はあまり貢献できないままでした。単に左サイドの番人になっているだけという感じで、誰がやってもいいような存在で勿体無い感じでしたね。

 そして後半15分、選手交代。長谷部と中村が退き、代わって乾と細貝が入りました。
 長谷部はあまり良くなかったですね。簡単なパスミスが幾つかあったりと、少し自信がなさそうな様子でプレーしていたように見えました。自分の力を十分に発揮できているとは思えず、不遇な現状をそのまま表しているようなプレーぶりだったように思われました。

 さて、中村が退き乾が入るということは、香川が真ん中に、乾が左サイドにということですよね。実際その通りになり、この後日本は攻めも充実するようになったと思います。特に乾は良かったように思いました。左サイドで生き生きとプレーし、積極的にシュートを打ち、活性化させたように思います。この交代を機に長友が攻め上がってくる場面も増え、チャンスを幾つか作れるようになったと思いました。

 ただ、それでも基本的にはフランスにゲームを支配されていました。
 なぜなんでしょうね?一つはフランスはとてもオーソドックスにゲームを作り、サイドを丹念に突いていたからかなと思いました。結果攻守においてバランスが良く、そのためにボールを保持することが多くなっていたのかなと思いました。
 一方日本はその辺りは不安定だったように思います。どうやってゲームを作ってボールを保持するかが曖昧な印象でした。サイドを使うのか、トップにボールを当てるのか、そしてその方法についてしっかりとした方針があまりないような印象でした。
 それにしてもハーフナーマイクはあまりボールを受けられませんね…。ゲームにもあまり参加できていないようにも思えたし、やっぱり佐藤寿人が見たかったな…。最後まで交代なかったのは本当に残念でした…。トップがボールを受けることができなかったことも、相手に支配され続けた要因の一つだったようにも思いました。

 ただ、フランスは最後の決め手がなく、得点を取れそうな気配は後半はあまりなかったですね。日本も守備はとても良かったのではないでしょうか。
 そしてついにリベリー登場。しかしリベリーは自由に動いたため、フランスはバランスを崩しました。リベリーはその突破力や打開力は魅力ですが、自由に振る舞いすぎるためにチームとしてのバランスが崩れるのが難ですね。僕はこういう選手はあまり好きではないので、日本にとってリベリー登場はむしろラッキーのように思いました。
 それでも結構危ない場面は作られていましたね…。やっぱりこういう選手もいるのかなあ…。

 そしてこの後、業を煮やしたフランスがコーナーキックでみんな上がりすぎてカウンターで日本にやられてしまいました。今野の持ち上がり、タイミングの良いパス、そして長友のパスと香川のシュート、いずれも見事でしたが、そもそも同点の状況で親善試合以外でこんな形でのカウンターがありえるのかなという疑問もあり、あまり僕は勝った勝ったと喜べません。むしろ試合内容として課題や問題点があり、何よりほとんどの時間を押し込まれており、効果的な打開策もないままで試合が終わっていることに不満を持ちました。
 ザッケローニが試合後のインタビューで何と言っているのかは分かりませんが、ドヤ顔で良いことばかり言っているなら、それこそ心配ですね…。変に勝たない方が良かったようにも思います。

 ただ、これで世界が日本を評価してくれることには間違いないでしょうね。そうなると親善試合でも良いチームと戦えるようになるだろうし、何より良い監督が今後日本代表に来てくれる可能性もぐっと上がるように思います。それが今回の勝ちにおいて本当に価値のあることだったのではないかと思いました。
[PR]
by osho-kamonegi | 2012-10-13 08:47 | サッカー
 今日は服部緑地でサッカーをしてきました!!
 ネットでメンバー募集をしていたチームに加入させてもらって、今日で2回目の参加でした。
 前回は道に迷って遅刻してしまったので、今回は余裕を持って2時間前に家を出ました!!

e0247789_21121560.jpg

 このように、淀川で写真を撮ることができるくらい余裕でした!!
 それにしても今日は寒くなると聞いていたのですが、天気が上々になって暖かくなって良かった!

e0247789_21132023.jpg

 そうこうしている間に服部緑地に到着!!
 とても綺麗な公園で、思わず写真を撮ってしまいました!!
 こんな良い公園が近くにあるといいのになあ…

e0247789_21142752.jpg

 で、今日の試合は服部緑地公園内の、この人工芝のグランドで行われました。
 しかし、僕の行ったチームは人数が足らず、結局25分一本しかできませんでした…。
 とても残念だったのですが、僕も最近の無理がたたってか腰が痛く、また体力低下も著しくグランド2周走っただけでしんどいなと思うくらいだったため、今日はこんな感じで良かったかもしれません…。
 またコンディションを徐々に上げて、しっかりと試合に臨みたいと思います049.gif

 あと、小径車ですが、本日アップルで改造されてから初めて乗ったのですが、非常に快調でした!!コンポを変えただけでは普通走りはそれほど変わらないはずなのですが、非常に軽やかな感じになっていました。これもアップルのおっちゃんの調整が素晴らしかったからに違いありません!!
 いつもサッカー帰りの自転車はしんどくてつらいのですが、今日は気持ちよく帰ることができました!!ありがとう、アップル自転車!!
[PR]
by osho-kamonegi | 2011-12-17 21:18 | サッカー