カテゴリ:山歩き( 3 )

e0247789_07281693.jpg
大門坂を通って那智大社に行った後は、中辺路を歩くために熊野大社に向かいました。

e0247789_07290656.jpg
熊野大社に到着!熊野大社には八咫烏ポストなるものがあって、真っ黒のポストがありました。珍しいですね!
八咫烏は何でも昔、神武天皇が熊野の山中で迷ってしまった時、アマテラスから遣わされた八咫烏が先導をして神武天皇を橿原神宮まで連れて行ったという話があるようです。それで熊野では八咫烏が祀られているようです。

ってそんなことを調べている暇はなかったんだ…。どうもバスに間に合わないようで、発心門王子までバスで行って熊野大社まで歩くというコースを歩くことができなさそうなんですよね。どうしよう…。

e0247789_07391885.jpg
仕方がないので、発心門王子までは行けないけれど、途中まで行けるところまでバスで行って、そこから歩いて熊野大社を目指すことにしました。幸いそこのバス停にも案内板がありました!どうやらここからでも中辺路に合流できるようです。良かった!

e0247789_07421988.jpg
途中からの道なので、道中誰もいないですね…。こんな民家の側の道を行ったり、田んぼや畑の間の道を行ったり。でも農作業しているおばあちゃんと挨拶を交わしたりして、楽しく歩くことはできました。

e0247789_07445302.jpg
おお。熊野古道に合流できました!迷わず合流できて良かった~

e0247789_07512020.jpg
合流してすぐに伏拝王子跡に到着。流石にここはたくさんの人がいました。お店もあってしそジュースやらコーヒーを楽しめるようです。

e0247789_07525722.jpg
ここでは偶然ガイドさんがいて、無料で解説を聞くことができました。速玉大社の名前の由来は、熊野の川の流れが玉を転がすように速く流れていくからとのこと。そうだったんだ~、と感心しつつ聞いていました。

e0247789_07581465.jpg
相変わらず上機嫌ですね~。私について来い!とばかりに手を挙げています。ご機嫌で何より。

e0247789_08002050.jpg
道もなだらかで、とても楽しく歩くことができますね。途中で休憩所があったり見所があったりで、このコースが人気なのも頷けます。

e0247789_08035249.jpg
ゴールの手前では祓殿王子跡がありました。

e0247789_08045429.jpg
無事に2日間歩くことができて良かったです。思わず感謝のお参りをしてしまいました!

e0247789_08064959.jpg
そしてゴール!!歓喜のガッツポーズが決まっていますな!
でも2日間、楽しく歩いて過ごすことができて本当に良かったです!
山歩き、なかなか楽しいですね。またいろんなところに行ってみたいと思いました。
もちろん熊野古道もまだ歩いていないところを歩いてみたいですね!次は中辺路踏破が目標かな。
また山歩きも今後どんどん報告できるように頑張りたいと思います!

[PR]
by osho-kamonegi | 2014-11-22 08:09 | 山歩き
さあ、宿でたくさん栄養とエネルギーを補給した後は、熊野古道にチャレンジです!
2日目は那智の滝、那智大社までの道、大門坂にチャレンジです!!

e0247789_22151809.jpg
いよいよ2日目スタートです!奥さん(仮)、気が逸っていますね!

e0247789_22164905.jpg
僕もついついつられて駆け足です!!

e0247789_22182408.jpg
大門坂も石畳が美しいですね!遠く向こうまで続いています。

e0247789_22220096.jpg
ここまで来れば那智大社までもう少し!奥さん(仮)、今日もご機嫌ですね!!

e0247789_22243051.jpg
そして到着!!約1時間半くらいだったかな?結構歩きました!

このあと、那智の滝が見えるところで写真を2人で記念撮影をして、お参りをして下山しました。

e0247789_07174105.jpg
ご当地ソフトクリームを食べながら下山です!南高梅ソフトはちょっと酸っぱくて甘くてで、僕好みの味のソフトクリームでした。
写真はみかんソフトクリームですね。これも美味しかった!

e0247789_22313972.jpg
下山しながら那智の滝を見物です!高い滝だなあ!!

これで大門坂は終わり!あっという間に歩き終わりましたねえ。約2時間半くらいの滞在時間でした!!
次は発心門王子から熊野大社への熊野古道、中辺路を歩きたいと思います!


[PR]
by osho-kamonegi | 2014-11-20 22:35 | 山歩き
e0247789_21524935.jpg
今週は土日が出張で、自転車で出かけることができませんでした…。
なので今回は以前のネタを使って記事を書くことにしました。
ということで今回は今年の夏に行った熊野古道の旅行について書いてみようと思います。
自転車ネタではないのですが、今後は年をとっても楽しめる趣味を見つけるために山歩きも頑張ろうと思っています。
その第一弾としてこの夏は熊野古道に奥さん(仮)と挑戦してきました!!

初日はここ、馬越峠に挑戦です。「まごせとうげ」と呼ぶようですね。馬越峠は伊勢路(東熊野街道)の一部のルートで、石畳が綺麗らしいです。峠の近くにある天狗倉山からはとても美しい景色が楽しめるとのことで、今回は天狗倉山にも登ってみることにしました!!

e0247789_22002847.jpg
スタートは「道の駅海山」です。
ここから馬越峠、天狗倉山に行き、ゴールの尾鷲を目指します!

e0247789_22052252.jpg
最初は42号線沿いの歩道を西に歩いて行きます。

e0247789_22065504.jpg
そうすると馬越峠の入口に着きます。
ここから本番ですね!

e0247789_22121403.jpg
評判通り、石畳がとても綺麗です。
平日に休みをとって行ったので人もほとんどおらず、熊野古道の雰囲気を十分に楽しみつつ歩くことができました!

e0247789_22152891.jpg
奥さん(仮)もご機嫌でした!!
山歩き、本当に好きなんだなあ。

e0247789_22170632.jpg
お、なんか小屋があるところに着きました。

e0247789_22195634.jpg
この辺りには昔、茶屋があったんですね。
この小屋が茶屋跡ってわけではないのでしょうけど、昔はこのルートは結構人が通っていたんでしょうね。

e0247789_22293570.jpg
この茶屋跡のところから、天狗倉山に向かう道がありましたのでそちらへ向かいました。他にもいろいろ見所があるんですね~。

e0247789_22223743.jpg
結構な傾斜の道で道も険しく、なかなか登りごたえがありました!!行き先を示す標識が斜め向いてますよ!!

e0247789_22252400.jpg
そして見上げると大きな岩が!!本当に大きく、大迫力でした!
この岩がもし倒れてきたら大変なことになるな…。

e0247789_22323960.jpg
巨岩を越えた先がゴールで、尾鷲を一望のもとにおさめることができるところがありました!すごい景色!!

e0247789_22351141.jpg
海も綺麗に見えます!!険しい道の先にはこんなご褒美があるんですね!

e0247789_22403777.jpg
あれ?巨岩の上にも登れるようです。せっかくだし、ちょっと登ってみましょう。

e0247789_22441926.jpg
この岩の上が天狗倉山の頂上なんですね。すごい!!

e0247789_22463737.jpg
ここからの景色も最高でした!こちらは山の景色がメインですね。
この山に一日に2回は登ってくるというおっちゃんが側にいて、見えている山の名前を教えてくれました。大台ケ原もここから見えるようです。どれがそれか忘れてしまいましたが…。
あとこのおっちゃん、馬越峠の茶屋の主の子孫とのこと。とても親切な人で登ってくる人のためにガイドのようなことを無料でして下さっているそうな。おかげで僕らもいろいろ教えてもらえて楽しかったです!!

e0247789_22543620.jpg
さあ、また茶屋跡にまで戻り、今度は尾鷲の方に向かって下って行きます。

e0247789_22560347.jpg
尾鷲に向かう下りの道も石畳が綺麗でした!傾斜はなかなか急でしたが…。

e0247789_22575821.jpg
途中、東屋で休憩しました。
ここからの景色も綺麗ですね!馬越峠コース、来て正解でした!!

e0247789_22593219.jpg
そして馬越峠踏破!!お疲れ様でした~。

e0247789_23003454.jpg
この後は尾鷲の町を通って…

e0247789_23012786.jpg
尾鷲駅から本日の宿に向かいました!

e0247789_23023602.jpg
これが紀伊長島にある宿です。宿もなかなか良さそうです!
たくさん歩いて結構疲れました。お腹も減ったし、早く温泉に入って御飯を食べたいですね!楽しみです!!

それにしても馬越峠はかなり良かったです!石畳が綺麗だし、歩きやすいし雰囲気も良かったです。
天狗倉山は景色が最高だし、あの巨岩に登れるというのも良いですね。岩の上が頂上というのもユニークです。
茶屋の子孫のおっちゃんにいろいろと馬越峠や天狗倉山のことを教わったりと良い出会いもあり、とても楽しい一日でした。
大体4時間か5時間くらいで歩けたのでしょうか。時間的にも距離的にもそんなにハードでなく、かといって物足りないというわけでもなくちょうど良い感じでした。このコース、オススメです!!


[PR]
by osho-kamonegi | 2014-11-16 22:28 | 山歩き