2012年10月 対ブラジル戦評

 本日は親善試合でブラジル戦がありましたね。
 せっかくなんでこの試合も感想を述べてみたいと思います。

<スターティングメンバー>
 ワントップに本田はとても良いと思います。ボールも収まるし、本田は得点力もあるしで、下手なフォワードを用いるよりよっぽど良いと思います。何より、香川がトップ下で使える!!これは面白くなる!!
 と思いきや、トップしたは中村(-_-;)。一体どういうことだろうか??全く意味がわかりません。
 ザッケローニはフランス戦の反省としてゲームの入り方を考えねばと言っていましたが、それはどうなってんの?という印象です。

 4-2-3-1の3には左から香川、中村、清武ですね。
 香川がやっぱり中に入ってバランス悪くなるのではと今回もやはり危惧しています…
 あと、乾や宮市といった若い勢いのある選手が見てみたいですね。後半最初くらいから出てきてほしいですね。

 ダブルボランチは長谷部、遠藤ですね。しかしこの2人に変わる人材を探したい気持ちもあります。後半交代があるかどうか、どう代わるかが注目ですね。

 バックについては特に不満はないですが、バックアップメンバーのテストはしてほしいですね。酒井高とか見たいです。あとセンターバックのバックアッパーのテスト。

<前半>
 日本が攻勢を見せることができていたのも、本田が受けることができているからと思います。
 前回のハーフナーマイクとは全く違うなあという印象です。本田は前半通して頑張っており、やっぱりいい選手だなあと思いました。

 最初攻勢が続きなかなかいいなあと思っていたら、あっさり1点取られました。ブラジルすごいなあと思うものの、中盤あんなにフリーにさせているのが気になりました。ちょっとボランチの守備について注視してみようと思います。

 あと、香川がやはり中に入ってバランスが少し悪い。右サイド経由でしかボールを前線につなげることができていないのが気になります。長友がひとりで担当してますが、そこを破られると危ないと思うし、攻める時も難しくなると思う…
 そしていつの間にやら香川が真ん中、左?真ん中?中村になってました。これではあまりメンバー的に旨みがないですし、攻撃でも守備でも中途半端になってしまうでしょう。
 そうこしているとPkで2点目もとられましたが、これも左サイドを悠々とボールを運ばれて攻め込まれているのがきっかけでした…。はよ修正してくれ!!入り方また間違っとるがな!!と思いましたが、前半最後まであまり改善なしでしたね。香川がよく守るようになったけど、振り切られる場面があったりと攻守においてムダが多いままであったように思いました…

 攻撃ではポンポンと小気味よく回せてなかなか良いものの、最後に逃げ場所(サイド)に人がいないため、最後まで人が密集する真ん中で回さざるを得ず、それで結局ボールを取られてしまっているように思いました。せっかく上手に回せているのに勿体無いという印象です。
 で、結局いつの間にかサイドから早めのクロスがメインの攻撃となっていました。でもこれでは得点する可能性はかなり少ない形だったように思いました。やはり細かくパスをつないで相手を崩す形が良いでのはないかと思います。

 そのためにはトップ下に香川を置いて、左にはサイドのスペシャリストの選手を置くべきかなと思います。
 後半、どのように交代がなされるか期待です。後半最初、交代なしというのは勘弁してほしいですが、どうなるでしょうか??

 あと、中盤の守備は結局あまり分かりませんでした。捕まえきれていないという印象ですが、目で見て確認できていないので何とも言えません。また後半見てみたいと思います。

<後半>
 最初から交代ありましたね!!中村に代えて乾は僕としてはかなり嬉しい交代でした。
 内田と酒井宏の交代はやや以外でしたが、酒井の評価は高いんですね~。僕も好きな選手なので頑張ってほしいです!!

 ボランチは交代なしですね。どうなんだろうと思うものの、守備のチェックをしてみようと思います。

 さて後半ゲームが始まりました。
 早々に点が取られてしまいましたが、これはしょうがない。しょうがないこともないのですが、取られたものはしょうがない。それよりも攻撃やゲームの作り方が大事です。どうなるでしょうか。

 香川と本田が二人で真ん中にいるのは良いですね!!本田はうまく香川を使っている場面があり、それがチャンスになっていました。香川は良い形で使われてなんぼの選手だと思うので、やはりこの形がベストだと思いました。なぜこれを前半からしなかったのかな…。

 中盤の守備について、長谷部、遠藤やや簡単に振り切られすぎているかもしれません。相手が巧くて速いということもあるのでしょうが、だから仕方ないというわけではないので、選手が交代すれば比較できて良いかもしれません。 今野が似た場面で振り切られずに相手についていけている場面があったので、やはりこのあたりに問題あるのかも。
 と思っていたら細貝が出てきましたね。さてどうなるか…。
 …、細貝、良いですね。うまくポイントを抑えた守備ができているようにみえます。3点入って相手の攻撃が緩んでいる影響もあるかもしれませんが、攻撃にうまく絡む場面もあり、長谷部より良い印象ありました。

 あと遠藤。プレッシャーに負けているのか、パスを受けた方の狭いサイドにパスを出してそこで味方がとられてしまうという場面が何度かありました。従来なら人の少ない方、広い方にパスを出していくのに、そうでない場面があって少し驚きました。それほどまでにブラジルのプレッシャーは強かったのかもしれません…
 
 懸案の左サイドですが、乾が入ったことで、左サイドからも攻撃できるようになっていますね。
 本田が絡み、乾が良い形で左サイドで持つことができています。乾がそこで香川と絡み、可能性を感じさせる攻撃ができている場面があったので、ぜひこの形を幾度も作ってほしいのですが…。結局は一瞬だけでしたね…。非常に残念でした(-_-;)

 4点目はちょっとひどいミスですが、もういいでしょう。
 この後日本は細かいパス回しをしてミスをしてボールを失うことがいくつかありましたが、この細かいパス回しを続けてほしいです。もっと続けることができる技術は日本にはあるので、ミスを恐れず続けて練度を上げて欲しいです。
 
 しかしすっかり沈滞ムードとなってしまいましたね。あまりこの後は参考にならないかもしれません。

 それにしてもブラジルは強かったです。個の力もすごかったし、チームとしてバランス良く機能的に試合をしていたように思います。
 一方日本は、個の力で劣る上にチームとしてもバランス悪かったし、攻撃も守りも方法論があまりはっきりしていない印象でした。これではなかなか難しいですね。攻防一体といった形ではなく、攻撃、守備とはっきり分かれているような印象でした。それでは守れないし攻めれないように思いました…。
 フランスには勝ったとは言え、この部分が良かったとは言えず、強い相手にはカウンターで点を取るしか今のところ方法がないように見えました。
 しかし、パス回しで相手を翻弄して得点チャンスを生み出す場面が多くはありませんでしたがこの試合では見られました。この形が今後の方向のような気がしました。ぜひ頑張ってほしいと思いました。
[PR]
by osho-kamonegi | 2012-10-16 23:15 | サッカー